踏査10号 1984年3月20日発行
  
写真 (pdf384K)
   目次 (pdf132K)
巻頭言 部長教授 杉原弘人 (pdf200K)
「特集」探検ってなあに? 
-1- 今も昔も探検、探検
 1.探検について   顧問教授 横田健一 (pdf684K)
 2.関大探検部と私 読売テレビ 石田  (pdf172K)
 3.未知への憧れ  大日方  (pdf320K)
-2- 探検の断面
  キツネとぶどうの房 日原 (pdf180K)
  旅と探検      織田 (pdf184K)
  一人で探検、みんなで探検 清水 (pdf188K)
  創造性なきところに発展はない 杉本 (pdf180K)
  アイデア探検は挫折した探検か? 横山 (pdf172K)
-3- 座談会 「10号は時を越えたか」 (pdf1.4M)
   出席者:竹本(初代)、藤本(14代)杉江(15代)、
      安川(21代)、幸徳(24代)、井上(25代)
      大日方(25代)、清水(26代)、並木(27代)、
      庄山(28代)、小倉(28代
-4- 探検はこれから!?
   時は探検を変える 3回生 佐々木 (pdf548K)
   もう一つのコップ 2回生 田村 (pdf548K)
   未来に想いを馳せる1回生 庄山 (pdf548K)
   探検のイメージから 4回生 井上 (pdf548K)
   大学探検部四年間の後 探検委員長 大嶋 (pdf296K)
-活動記録-
   かつての秘境も、、、「ザイール河源頭流域踏査」松原 (pdf1.2M)
精霊の宿る世界「バテンボ族民族調査」室沢 (pdf1.2M) (pdf232K)
大いなる目標をめざして「第二次パプアニューギニア洞窟偵察」 成瀬 (pdf1.2M) (pdf248K)
水中に眠る”過去”との遭遇「紀淡海峡海底探査」中嶋 (pdf904K) (pdf124K)
- 活動史 - (pdf26K)
「部報『踏査』」に戻る